太もも ダイエット 口コミ まとめ!

足を細くする方法とは!?太ももダイエットの口コミをまとめてみました!

下半身デブ 対策 方法

下半身太りの原因別対策方法

投稿日:

下半身デブの原因は大きく分ければ5つになります。
1つ目は、脂肪のつきすぎによるものです。
2つ目は、むくみによるものです。
3つ目は、体の冷えや血行不良によるものです。
4つ目は、筋肉量の不足によるものです。
5つ目は、体の歪みによるものです。
●1つ目の脂肪のつきすぎについてですが、脂肪は細胞が肥大化していくとセルライトができてしまいます。
セルライトがあると皮膚がデコボコとして見えます。
皮下脂肪を放置したり、体が冷えたりむくんだりすることでセルライトはできやすくなります。
セルライトは下半身につきやすく落ちにくいです。
そのため一度ついてしまうと落とすのも大変になります。
セルライトを落とすための対策としては、まず体の冷えを解消して血行を促すことです。
固まってしまった脂肪をほぐしていくことが大切です。
セルライトを落とすためのおすすめの方法としては、温冷マッサージ、リンパマッサージ、早歩きなどがあります。
温冷マッサージは、40度くらいの湯船に3分使った後、20度以下のぬるめのシャワーを30秒あてて、これを3回繰りかえす方法です。
リンパマッサージは、お風呂上りなど血行の良くなった状態で脚を下から上へマッサージを行います。
早歩きは、小走りで3分走った後、普通に3分歩いてそれを5回繰り返す方法です。
もちろんこれら以外にも揚げ物、甘いものは控えて食事は腹八分目程度にするように気を付ける必要があります。
●2つ目の体のむくみについてです。
1日中立ち仕事をしていたら夕方には足がむくんできたという経験をした人は多いと思います。
体内の水分が溜まってしまい排出されないと体にむくみが生じます。
水分を摂りすぎたり、塩分を摂りすぎたり、運動不足だったりするとむくみやすくなります。
体のむくみを放置すると脂肪の蓄積を加速させることにもなるので、下半身デブ解消のためにもむくみ対策にも気を付けていきましょう。
体のむくみ対策としては、塩分を控えることです。
外食の多い人、スーパーなどのお弁当を良く食べる人は塩分過多になりやすいです。
自炊をして塩分を控えめにするようにしたり、運動をして汗をかき塩分を体外へ排出したりできるように意識して生活しましょう。
むくみ解消のための方法としては、1番はウォーキングです。
毎日降りる駅を1つ手前で降りて1駅分歩くようにするとか、継続してできる方法を見つけましょう。
20分ほど半身浴をする。
バナナやホウレン草、納豆などむくみを解消する食品を食べるなどの方法があります。
●3つ目の体の冷えや血行不良による場合です。
体が冷えてしまうと血管の収縮が起こり、脂肪を燃焼するための酸素の供給量が少なくなってしまいます。
そのため脂肪の燃焼量が減り、体内に蓄積されやすくなるのです。
特に下半身は冷えやすい部分なので、下半身デブとして症状がいち早く現れる場所なのです。
体を冷やす原因としては、水分の摂りすぎによるものがあります。
一度にたくさんの水分を体内に入れてしまうと、余計な水が体内に溜まってしまい体を冷やすことになります。
また下半身デブを気にして食事の摂取量を減らしすぎてしまうと、栄養素が不足して熱を作り出せなくなるため余計に体が冷えてしまいます。
冷えを防ぐ対策としては、塩分や糖分を控えたバランスのいい食生活、適度な運動、睡眠などが挙げられます。
具体的な方法としては、日常の中でできる適度な運動として、先程のように1駅手前から歩くとか、エスカレーターをやめて階段を歩くとかするといいと思います。
しょうがや、にんにくなど体を温める効果のある食品を積極的に摂るという方法もあります。
毎朝、白湯を飲むのもおすすめです。
一度沸騰させて冷ましたお湯を飲むと、体を内側から温めて、内臓の働きも活性化します。
血行不良に関しては、血液がさらさらになる、お酢や青魚などを積極的に摂るといいと思います。
足首を回したり、足の指を広げたりして動かすと血流が良くなります。
●4つ目は、筋肉量の不足による場合です。
筋肉量が少ないと、当然燃焼できる脂肪の量も減ってしまうため下半身デブになりやすくなります。
筋肉が衰えると体はむくみやすくなりますし、歪みの原因にもなります。
筋力アップを積極的に行う必要があります。
筋力アップにはやはり運動が必要になりますので、ウォーキングや階段を歩く、ジムへ通う、筋トレなどを行う必要があります。
普段から早歩きを意識したり、階段を使ったりして、心拍数を多少あげられるように意識しましょう。
1日に10回程度でもいいのでスクワットをしましょう。
睡眠をしっかりととることも大切です。
●5つ目は、体の歪みによる場合です。
体に歪みがあると、血液の流れやリンパの流れが悪くなるため太りやすくなります。
姿勢のくずれや筋肉の衰えなどによって起こるものですが、歪んだ状態のままだと体に偏った状態で筋肉がついてしまったり、他の部分まで歪んできたりしてしまいます。
体の歪みを改善する方法は、お風呂上りにストレッチを行うとか、毎日ラジオ体操を行う、正しい姿勢を意識する。
脚を組むとか、カバンをいつも同じ方の肩にかけるなど歪みの原因になる行為をやめるようにすることで改善できます。

-下半身デブ 対策 方法
-, , , ,

執筆者:

関連記事

no image

自宅で簡単にできる下半身デブ解消する対策方法は、踏み台昇降運動!

ウォーキングしているところを人に見られたくないとか、ウォーキングをするために外出する時間がないという人におすすめの方法があります。 それは自宅で簡単にできる「踏み台昇降運動」です。 外へ行かなくてもで …

no image

骨盤の歪みが下半身太りに影響しているのか?

骨盤の歪みは下半身デブに大きく関係しています。 骨盤の歪みが起こるのは、普段足を組む癖があったり、立つときに自然に片方の足に体重をかけてしまったりすることで起こります。 特に女性は生理によって骨盤周り …

no image

ウォーキングで下半身太りを解消できない!?

適度な運動が下半身デブを解消するのにとてもいい方法であることはわかります。 お金をかけたり特別どこかに通ったりしなくてもできる簡単な方法として「ウォーキング」があります。 しかしウォーキングを実際にし …

no image

下半身デブの対策と方法

運動をしても、ダイエットをして体が痩せたとしてもなかなか下半身が痩せないという人は多いと思います。 ある程度の年齢になってくると下半身デブに悩む人は男性にも女性にも多くなります。 そもそも人間は上半身 …


1日5分でOK!
自宅でできる美脚エステ
↓ ↓ ↓